METIA とは

あなたの教員適性度をスコア化

 学校が求める教員像とはどのようなものか、AI を使い、多くの国公私立の学校の教育方針、求める生徒像、教員像を分析しました。 その結果、高い意欲、常に努力を怠らない精神力をもち、主体的な行動力を発揮できる人。生徒に愛情をそそぐ豊かな人間性をもち、生徒の可能性を引き出しながらリーダーシップを発揮できる人。さらには、柔軟な価値観をもち、未来志向でポジティブに生きる人が学校が求める教員像として重要であることがわかりました。
 そこで、これらの教員像を踏まえて、教員として活躍するために必要な要件を指標化しました。
教員適性検査(METIA)はあなたの性格や価値観・欲求などを分析し、学校が求める教員像や必要要件に照らして、あなたの「教員適性度」をスコア化します。
 スコアの配点は1000点満点です。先ず最も重要な適性である精神性の強靭さ・安定性・人間性を「円熟性」として500 点、次に達成欲や協調性、規律性を「社会性」として300 点、未来に向かって自らも成長しようとする意欲を「上昇性」として100 点、生徒への愛情や教育への情熱を「育成志向」として100 点を配点しました。
 また、これらの加点とは別に、何か問題が発生したとき、それを他人に責任転嫁したり開き直ったりすることを「他責性」として100 点を減点の配点としています。

AIによるアドバイス

 教員適性度がスコアで分かることにより、自身が改善すべき考え方や意識は何か、補うべき・強化すべき弱点は何か、具体的な目標を立てやすくなります。例えば、METIA スコアで[他責性]の値が良くなかった場合は「人を責める前に自分に落ち度はなかったか」を考えるクセを着けたり、[達成欲]の値が良くなかった場合は「些細なことにも目標地点を設け、達成による着実な前進を多く体感する」等がその一例です。そして、今回のAIによる分析を参考にして、どんなに小さなことでも自己意識改革に向けた行動と実行が、理想の教員像に近付く第一歩となります。

教員就職活動に活用

  今回のMETIAで、800点以上のスコアだった方は、AIが「GOLD METIA」として認定し、「教員採用.jp」のマイページにスコア結果を入力し、AI が認めた教員適性度の高さをアピールできます。また、「GOLD METIA」ではなかった人も、自らの価値観に固執することなく、学校のニーズ、求める教員像の理解をより深めることで自らの教員適性度を向上させることが期待できます。

開発者紹介

開発者 高根定信 (たかね さだのぶ)

慶応義塾大学院社会学研究科修士課程修了・同博士課程中退後、国立大学、私立大学で教員を務める。2001年に角川基金出資により組織活性化研究所設立、代表取締役に就任。2004年に本田技研工業とAIの共同特許取得、2005年にパナソニックに人工知能装置(特許申請)提供、2006年にオリエンタルランドと人工知能の特許申請を行う。2017年人工知能シンシパルを搭載した教員適性検査METIAをブレインアカデミーと共同開発。